社交ダンス 時代と共に変わる!

社交ダンス特に競技ダンスの踊り方の進化について・・・。

1965年代以前は

本の足型(足をどこに着くか)中心の踊り方。


1965~75は

本場イギリスのチャンピオンが日本で踊って見せて、

体を運んだ結果足が置かれる踊り方に変化。


足の使い方は大腿四頭筋とふくらはぎ。

踊りの軸は1軸。

ソニー・ビニック、ビル・アービンなど。


1975~85は

足の使い方に変化大腿四頭筋とその裏側(ハムストリング)。

軸は1軸。

リチャード・グリーブ、マイケル・バーなど。


1985~2000は

軸に変化2軸に。

マーカス・ヒルトン、ルッカ・バリッチなど。

マーカスの後期は大腰筋を使っている。


2000~2009は

足の使い方がハムストリングスと大腰筋に。

大腿四頭筋は進む力にブレーキを掛けて効率が悪い。

軸は2軸。

マーカス・ヒルトンがやり残したことをミルコ・ゴッツォーリが引き継いだ感じ。

日本国内では大腿四頭筋とその裏側(ハムストリング)、2軸で十分戦える!


世界では大腰筋は必要でしょう!スタイルの良さは当たり前です。


« 社交ダンス JIVE3| ホームページTOPへ |社交ダンス スーパーの買い物カート! »