社交ダンス 第1歩の踊り方の違い!

踊り方の違いを

男性の第1歩目右足前進の

ワルツのナチュラルターンと

スローのフェザーステップを

例にして説明します。


体重の有る足の太ももを X印で

右足は右手で、左足は左手で手で

叩きます。


初めは立ったまま

叩くのに慣れたきたら 

ステップしながら叩きます。


左足に体重から

ワルツ  3  &  1  2
左     X  X
右           X


スロー  4  &  1  2  3
左     X  X  X
右           X  X

(女性は反対になります)

叩いた足に体重がありますか?


スローはカウント1で左右に X印がありますね!

ワルツは右だけ!

この差が踊りの違いになります。


スローの難しさはここにあり

ダンスの基本もここにあります!

ステップしながら叩くのに慣れたら


ワルツはナチュラルスピンターン~リバースターンの456

スローはフェザーステップ~リバースターンを

同じように叩きながら踊ってみましょう!


ダンスは体重移動のことは意識しますが

膝を直接使う事は意識しません!

膝は使われる感じです!

でも、その運動量はかなりあります!


« 社交ダンス サンバⅡ| ホームページTOPへ |社交ダンス 足の役目はそれぞれ違う »