社交ダンス教室 タンゴのスタッカート!

今日個人レッスンの生徒にタンゴを教えていて

変なタンゴを踊っているので

「タンゴのイメージは?」と聞くと

「音楽がスタッカートだから一歩づつ揃える感じがする。」と言いました。

確かに音楽はスタッカートに演奏されますが

それだと動きが切れ切れになって

迫力のあるタンゴにはなりません。

序破急、緩急、静動といろいろ表現はありますが


真理は一つで

一つのフィガーは動き続ける!


止まった場所から動き始めて

足は止まるがカラダは1フィガー間動き続ける!

そして止まる。

Sカウントはステップしてから体重

Qカウントはステップと体重が同時

それを動き続けてやる!

それが出来れば爆撃機タンゴが踊れる。

UFOタンゴとはお別れだ!


« 社交ダンス教室 男性の体験| ホームページTOPへ |社交ダンス教室 バックコルテ »