社交ダンス教室  比喩

人には、イメージを浮かべる能力があります


直接目にしなくても

イメージを浮かべることによって視覚を刺激されます

人を教えるとき


イメージが浮かびやすいように表現すれば

視覚が刺激されて相手も覚えやすい


だからダンスの先生達も

よ~く比喩を好んで使います


でも本当に優秀な先生は私の知る限り

比喩を使う口伝ではありませんでした


もっと現実的に

「これをああしろ!」

「そこはこうだ!」などなど


現実にある先生のカラダから弟子へカラダへの体伝でした。

およそ「こんな感じ・・・」の

たとえ話はありませんでしたね~。


★幸せはそれと分かって感じるものではなくて、後になって思い出す時、幸福だったと気付かせられるものでもあるのです



« 社交ダンス教室 ワルツ7| ホームページTOPへ |社交ダンス教室 タンゴ1 »