通過?通り過ぎる?その2

前回「上」に行くまでの話でした。

その続きです。


踏み出した足の上までカラダは進むが(乗るでも同じ)

そこを越えて(over)行く事は人間の構造上出来ない!


それでも踊れないことは無いけれど

大きく動きたいからあえて越えての意識で行くと・・・


結果通り過ぎて支持脚から体重がこぼれてしまい

支えが無くなるので通過(正しく立てない)出来ていない。

イギリスから来た何名もの有名コーチが

強調して言う「姿勢良く床に垂直に立つ事」

それが出来なくなる・・・。


そんな意味の取り違えから


日本人選手の踊りは違う踊りに成っているように

先日の日本武道館での社交ダンスの試合では見えたな~。


« 通過?通り過ぎる?その1| ホームページTOPへ |社交ダンスの予備歩 »