BOXワルツの踊り方⑧

前回の4の時の

「体の位置」

が大切です。


膝の上まで太腿が進むと


多くの人がつま先の方に

「体重」

「カラダ」

が行ってしまいますが

4の状態をキープしたまま


重心が「くるぶし」の真下の足の裏に戻るように


引き戻します。


「つま先」と「踵」


を意識した前と後ろのある厚みのある

「社交ダンス用のカラダ」

を作りましょう!つづく


« BOXワルツの踊り方⑦| ホームページTOPへ |教室BOXワルツの踊り方⑨ »