うねるダンス

シッカリ立って、シッカリホールドを保つ事は

大切ですが

もう一つ上のランクの踊りを目指すならば

シッカリした力はそのままで

しなやかに「うねる」事を習得しましょう!


そのうねるの練習の仕方です

分かりやすい例として

ライトランンジからスイッチピボットに入る女性版で

説明します。


ピボットの前の動作として

「うねる」

ことが大事です。

まず、「カウント1を4分割」を右足でやります 1234


そして

5 股関節

6 おヘソ

7 胸

8 首

9 頭頂部

と1~4に続いて乗せていきます。

イメージとしてはキャタピラかな?

そこからピボットですが

その前の右足の「うねる」動作は

毎ステップやりましょう!


« ロボットダンス| ホームページTOPへ |知らない恐ろしさ »