より良いダンスのために!

「サポーティングフットを使う!」と言うと

”カラダを押し出すだけ”の

イメージになりがちですが


腰の高さの調整も

より良いダンスのために

サポーティングフットで行います。


それには重心点が足の

サポーティングフット上で

親指側

小指側

に移動するのを感じ取れる能力が必要になってきます。


カウント1で押し出した後に続くスイングは

この腰の調整なしには有りません!!


« サポーティング・フットを使う| ホームページTOPへ |サポーティング・フットの使用感 »