守備範囲

野球の選手は

リトルリーグ、

高校野球、

社会人野球、

プロ野球まで練習の一環として

監督またはコーチから

前後左右に打たれた球を捕球するノックを受けます。

それは

その練習で少しづつ守備範囲が広がっていくからです。


社交ダンスに言い換えれば

「踊りを大きくする」ことになります。

社交ダンスの守備範囲は

1歩なので


歩幅を大きくすること=大きい踊り 


と思われがちですが

それは「大きく動く」事で

「大きく踊る」とはチョット違います。


まあ競技ダンスはある程度の領域までは

運動量のある方が上位になる傾向がありますが・・・・


« 脱皮| ホームページTOPへ |守備範囲2 »