« 2016年03月 | メイン | 2016年05月»

都市伝説

昔々先達は良~く

「足を越えて行きなさい」と指導していました。

気の利いた人は


「オーバーフットだよ!」とか言っていた。

後輩たちは一生懸命乗り越える練習をした・・・。

親指にマメを作って。


イギリスでコーチを受けていた時に

「Over Foot」が出た。

女史曰く

「足の上を越えて進むのは物理的に無理!」

「進んで良いのは足の上まで!」

さて、オーバーフットの真意は

「越える」ではなく「上方」です。

Over=超えるではなく

オーバーコートの「オーバー」で

上から羽織る、「上」だったのです!

さてさて、

日本でやって来たオーバーフットとは

何だったのでしょう?!


その都市伝説が

まだ日本の競技ダンスでまかり通っています・・・

2016年04月29日

個人レッスンとは

習うという事は・・・


社交ダンスの個人レッスンを受けると


飛躍的に上手くなると思うでしょうが

上手くなるにはやっぱり時間が掛かります。


教えるのが上手い先生というのは・・・

無駄な事をさせない分だけ

早く上手くなる!という事です。

(それだけでもスゴイ事だけど!)

2016年04月28日

教える段階

社交ダンスを覚えていく過程は順序だったほうが

効率が良いです。

ただ闇雲に社交ダンスの練習をしても・・・

メソッドと言います。


それは

リバイズドテクニック

という教本に示されています。


社交ダンスの場合には

床に真っ直ぐに立った姿勢が無いことには

何も始りません!


足・腕・頭・胴体を別々に関連付けて使うには

バランスの良い床に真っ直ぐ立った姿勢が要必要!

2016年04月27日

顔と胸の向き

社交ダンスは「男女とも顔は左を向け」

と初め教わりますが


男性は

顔だけでなく胸も同じ方向

すなわち進行方向に向けます。


女性は

胸は進行方向ですが

顔は左で胸とは違う方向を向きます。

実はこれとても深い意味があります。

2016年04月26日

ゆっくり?違う々!

生徒に股関節の送り出しと

体重の乗せ方を教えていると・・・


生徒「ゆっくりなんですね~。」

先生「ん?途中があるという事なんだけど!」

生徒「あ~~~!」

先生「次の足に体重を直ぐには乗せない。」


後ろ(体重のある)足に体重が残りつつコントロールする。


残りすぎてもダメ!

早すぎてもダメ!

ニュートンには逆えません。

2016年04月25日

社交ダンス教室 ロアーを考える

スタンダードを踊るとき

パワーを得るためにロアーをします。

普段の生活姿勢で立ってしまうと・・・・

カラダが積み重なって

バランスが良すぎて動けません。

ダイビングバランスと言って

飛び込みの選手のように

これから

前に落ちていくような積み重なり方が

動くためには必要です!

その姿勢でロアーしていけば

自然に動いて行けます。

2016年04月23日

社交ダンス教室 クイック練習方法

クイックステップは曲が早いので

カラダが次の足~次の足へ流れがちになります。


(SカウントでQの分まで踊れない人は論外!

それは歩いていて踊っていないから流れません)


そこで流れないように踊る練習をするには

教室で教えた時の区切りで一度


「止まる」

「一度着地」


することをお勧めします。

つま先立ちでカラダが揺れたり倒れたりしないで

しっかり着地!

2016年04月22日

今日のレッスン

ブルースの

クォーターターンとチェックバックだけで

部屋を1周で出来るよに練習し


ナチュラルターンをプラスして部屋を1周。


その変わり目のリードを男性に指導し

女性にはフォローを!


フォークダンスではないので

順番はアドリブで男性が決め


踊るのが社交ダンスです!


2016年04月21日

ルンバとスロー

今日、教室のお稽古で生徒が

「ルンバとスローをお願いします!」

「じゃあ!ワルツのBOXからね・・・」

股関節の押し出しと

カラダの軸足への押し付けを覚えると

パワーが出せます。

パワーは

出した力の強さと(股関節の押し出し)

出している時間の長さ(カラダの軸足への押し付)

で大小が決まります。

次の足に早く乗らずに力強く!が目標です。

社交ダンスは種目が異なってもやることは同じだから

ルンバもスローもそれでうまくなります。

2016年04月20日

勘違いしていませんか?

ダンスで

ロアーとか

体を送るとか

体重のある足を使う・・・などなど


それらは言葉としては正解ですが

その通りにやると不正解になります。


どうしてか?

それはそれらに膝を使う動作が含まれてしまうからで

膝は使うのではなく(能動的)

使われる(受動的)のです!


膝はツッ張ってすべての事をやる!

曲がらないという意味ではありませんから。

2016年04月19日

今日のレッスン

今日の入門クラス


ブルースをしましたが


感想は

「難しかったけど楽しかった!」

ダンスを選んだ理由は

「運動得意ではないけれど音楽が好きなので!」

「ず~と出来そうだし、姿勢も良くなるかも・・・」

でした。

社交ダンスは始めやすいし、続けやすいです!


そして

銀座ソシアルダンシングアカデミーの

グループレッスンはお財布に優しいです。

2016年04月18日

ダンス教室 今日のレッスン

続けやすいのは

「会社に近く通いやすい」

「社交ダンスは値段が高いイメージでしたが
 月謝制で自分のお小遣いでも続けられる」

「若い人が多い教室と聞いたので」

探せば安い所はいくらでも有るでしょう!
でも、教える人の品質が悪かったり
講座が1つで初級~上級者まで一緒というのが
実際のところほとんどです。


若い人限定のダンス教室で

クラス別で安心して習えるのは


銀座ソシアルダンシングアカデミーだけです! 


2016年04月16日

大切な話

むかし師匠に

「足の親指が無いと」


「良い社交ダンスは踊れない!」なんて

言われました。


足の親指で

床に圧力を掛けられるようになると


カラダの各部分が繋がります。


そうするとムーブメントに広がりが出て

切れ目の無い滑らかな動きが出来ます。

親指を意識しましょう!

2016年04月15日

体重のある足を使うとは?

30年ほど前のむかし

「社交ダンスは体重のある足を使って踊る」

云々とコーチに言われたことがあり

足で体を押し出して踊っていると


「それは足で踊っている!」


「社交ダンスは足で踊るのではなくボディーで踊る」


云々と言われた。

今度は

ボディーで踊っているつもりが

「ん~足を使っていない!」

「足が負けている」

それから10年ほどのち


本当の意味での足を使うが理解できた!

こんな苦労があるから良い指導が出来るのです。

グループレッスンの何気ない「一言」は

無駄な事をさせない尊い「一言」ですよ!


2016年04月14日

足を開くとは?

ダンスを踊るには足を使います。

ステップする時は足を開きます。


足を開くという事は・・・

カラダを動かす事ではありません。


足を開けば開いた距離の半分だけカラダは移動します

それが半分より多く動いてしまう事が多々ありますが

それは間違いです。

輪ゴムを伸ばすとすると・・・

片側を止めておかないと輪ゴムは伸ばせません。


ダンスは後ろに残る足が止めておく足で

体重が少し残ります。(正確には繋がっている)


体重が残れば後輪は上がりません!

(女性に覆いかぶさらないということ)

昔よ~く踵上げないウォークを練習しました。

2016年04月13日

くるぶしを入れる 社交ダンス教室

タンゴでは「くるぶし」を入れます

PPで入れるのですが、


男性を例にすると

左足をPPで床に置いた時


踵と

小指側を


床から上げますが

その時くるぶしの下側を

内側に折り込みます。


奇麗なPPになりますよ!

女性は反対側になります。


ピクチャーポーズの

オーバースウェーも男性右足、女性左足

セームフットランジの男子左足なども

くるぶしを入れます。


奇麗なダンスになります!

2016年04月12日

再登場

社交ダンスは男女が正面ではなく

お互いに左にずれて組みます。


組み方は3種類で

並行=パラレル

ひし形=アウトサイド

PP=プロムナードポジション


ですが

それぞれやはり左にずれます。


その時


男性は右の首の付け根から先


右肩・右腕・右手は


女性に所属していると思うこと!

感覚的にはそこで切れている!

と思う事!

こんな感じで

2014.8.21.jpg


2016年04月11日

中間バランスとは?

ダンスを習っていると


中間バランス云々が良く出てきます。


(当アカデミーでは使った事がない)

一般人ダンサーのそれは


何を意味するかというと


普通の人(ダンスをするしないに関らず)の感覚で

「今まで踊る時にやっていた事を半歩早く!」

と言う事です。


決して

「中間バランスを作りなさい!」

ではありません。

2016年04月10日

社交ダンス教室 上達への足がかり

ワルツのクローズドチェンジ

右回り左回りは

ダンスのすべての基本を教えてくれます。


左回りとして

1の左足をHから前進して

右足が左足を
通過する前にTになる。

カラダはライズしないでTになる。

(上がってしまうと次へのエネルギーが抜けてしまいます)


この動作がカラダに

回転したり

方向変換したりの

軸を作ってくれます。


このTになる軸作りを覚えないまま

上手くなってしまうと(上手いとは言わないが)・・・

難易度の高いステップになったとき習得が難しくなるだけでなく


シッカリしない見ていて弱い

女性が男性に押されて苦しい

競技会では勝てない点数の入らないダンスになります。


皆さんは動こうとするあまり

軸を意識しないで動いてしまします。


軸をブレさせないで足の届く範囲で大きく踊る!

2016年04月09日

取っ掛かりを作る!

動くためには土台が有った方が動きやすいです。


氷の上でダンスは・・・

滑って踊れません。


スポンジの床で踊ると

土台になる体重が掛る足が動いてしまい


これも踊れません!

体重のある足を使っているつもりで

本当は滑って土台が無くなっていた!


なんて事をけっこう知らないうちにやっています。


筋肉は腱で骨に着いて力を出します。

取っ掛かりですね。


2016年04月08日

社交ダンス教室 上手くなり続ける!

長く(時間・年月)ダンスを踊っていれば上手くなる!

間違っていませんが

長年踊っていて進歩し続けられるかどうかは・・・

難しいでしょう。


上手くなり続けられるかどうかは

「基礎をどの位積み上げてきたか」

に関わってきます。


ダンスの基礎とはステップの数ではありません。


真直ぐ立って

真直ぐな体で踊る

真直ぐな体で体重のある足と動く足で踊る

それを2人でやる。


教科書のステップはその時折に

今必要な技術と今必要な形を教えてくれます。


平行で始め

ひし形が入り

PPを覚え

逆ひし形

PPでの後退

逆PP

ここまでくれば社交ダンススーパー上級です。

2016年04月07日

奥義

本当はあまり言いたくないけど・・・・

書いちゃいます!

前回の「ダンスはいつも2本の足で踊る」の解説。


社交ダンスは体重のある足を使うは

前から話しています。


体重のある足を使っている時に

足とカラダを同時に出してしまうと

一本足で踊る事になります。


体重のある足を使い始める時には

所定の位置に足は行っていないといけません。


それには音楽をコントロールする。


ワルツを例にすると・・・

ん~ONE TWO THREEとタイミングをとり

ん~で足を用意しておき

ONEで体重のある足を使って

foot to footにカラダを進める。

TWO ~THREEはスイング。


その事を理解している先生は

「音楽は後からやって来る」と表現したり

「ティーヤン、タン、タン」とタイミングを取ったりする。


2016年04月06日

女性のたしなみ!

社交ダンスでの女性の在り方。

1)いつも左に居る。

これは基本中の基本!

一人ダンスでまず出来るように!


2)出しゃばらない。

少し遅れて男性にフォローする!

音楽を直接聞かず、男性から音楽を聴く!


3)男性に依存しない。

2の反対の様だが、2を心得た上で自立する!

自分勝手はダメ!


社交ダンスは男性が上手い事が大切!

でも、女性が上手い事はもっと大切!


夏には「女性のための社交ダンスたしなみ講座」やるから

上手くなりたいオタク女子集まれ!

2016年04月05日

離陸する

ヘリコプターが飛び立つとき

下に向けて風を送りその反力で上昇します。


社交ダンスの場合


上半身を伸ばす事が床を押える力になり

床を押える力が上半身を伸ばすことになります。


床の上に乗っているだけでは最悪で

座布団の上に座って休んでいるのと同じです!


そんな自分に気付かないのはもっと最悪・・・。


力技というほど力は入りません。

座布団で休まなければOKなのだから・・・。

2016年04月04日

洋食?和食?

社交ダンスのホールドは

洋食スタイルと

和食スタイルに分類されます。

お茶碗を持つ手は自分から見て

左回転

お箸を持つ手は自分から見て

右回転


フォークを持つ手は自分から見て

右回転

ナイフを持つ手は自分から見て

左回転


まったくの逆!


もちろん西洋のダンスですから

ナイフとフォークの洋食スタイルがイイです!

お箸と茶碗では阿波踊り・・・。

2016年04月03日

下に行くもの、上に行くもの!

さて、

ロアーからの脱出方法です!


ロアーは低くなることですが

足首と膝関節が曲がり(時には股関節も)

背が低くなっていきます。


普通の先生は元の高さに戻ると教えるでしょう!

より良い社交ダンスを指すなら

その時にチョットスパイスを入れます。

それは、

膝から上だけををライズさせます。

膝から下は下に行き

膝から上は上に行くという事です。


それは「うねる」事に通じています。


槍楯対決!二律背反!

2016年04月02日

理解すれば社交ダンスは上手くなる

自動車の話で舵取り装置の話。

自動車の駆動方式は大きく分けて

FFとFRとあります。


FFとは舵取りと駆動輪が同じで前輪で

社交ダンスで言えば

体重のある足でカラダを動かし

その体重のある足で回転も制御する。


FRとは前輪舵取り、後輪が駆動輪で

社交ダンスで言えば

体重のある足でカラダを動かし

上半身で回転を制御する。


この二つを上手く使い分けて踊ってください!


最近の車は四輪操舵も出てきました!


2016年04月01日