社交ダンス 回るとは

ワルツでもタンゴでもダンスを踊るという事において

回ることは避けては通れません。

昔コーチに

オリンピックの時期だったこともあって

「真直ぐのコース高木君」「回れません!」

などと言われていました。

自分では回転していたのですが・・・。

コーチの真意は

”カラダの中が回る”と言う事だったのです。

美しい形を保つ意識は正しいことですが

マネキン人形にならない。


« タンゴステップ| ホームページTOPへ |社交ダンス »