« 2016年10月 | メイン | 2016年12月»

習ったダンスが出来ない・・・

社交ダンスのステップは知っている人に教えてもれえますが

頭で順番を覚えただけでは踊りにはなりません。

お稽古事は何でも

お手本の真の動きを

自分の筋肉に覚えさせ、その筋肉を働かせて

自分の動作として再現出来なければなりません。


その作業の正しい繰り返しが、

本当の意味での覚えるということ。

別の言い方だと体で覚える!

2016年11月30日

社交ダンス 開いていくその時に・・

昨日の続きです

社交ダンスを踊る上で足を開いていく時に

両足が伸びたまま開いていくのは

高い所に居る時です。


普通に踊っているときは

体重を支えている足の膝は曲がっています

両方の足が伸びて行きながら

同時に開きます。

その時にとても大切なのが

社交ダンス風の股関節の動き!

膝と股関節を剥がすように動かす。


前後左右360度

自由に動くようにしてください!!

2016年11月29日

社交ダンス教室 女性のライン!

女性の上半身の社交ダンスラインについてです。

女性は左やや後方にカーブしますが

マネキンのよう固まった形ではなく

流動的にその形をキープします。


それにはツイストドーナッツのように

カラダを絞り続けて踊ること!

右回りには右に絞り

左回りには右と左絞りの混在

チョココロネダンス教室です!

2016年11月28日

社交ダンス教室  地盤

今日教室へ行くと

アマB級の選手をスタッフの先生がコーチしていました

新パートナでとても綺麗な女性でダンスも綺麗でしたが・・・

残念ながら地盤が無い!

踊るほどにズブズブと

フロアーが液状化してしまったように埋もれる

足と脚が床をしっかり押さえて踊れれば・・・

綺麗さが生きてくるのにな~。

もったいない!

2016年11月27日

社交ダンス教室 フライト

今日中級クラスを教えました。

ワルツでしたが男性2名がフライトし始めていました。

社交ダンスでいうフライトとは

スイングへ移行できる前段階で

上級への指定席券です!

第1歩の後にヒールから土踏まず、つま先へと

足の裏を感じながら通り前に進む

意識的にカラダを持ち上げます

そうすると反対側の足とカラダが振り込まれ

肩幅でステップ出来ます。

その動作のことを言います。

2016年11月26日

社交ダンス 重量挙げ!

バーベルを腕で持ち上げる重量挙げ

社交ダンスに役立つにはどこで持ち上げます?

腿の上に載せ持ち上げる!

膝が伸びるとバーベルは落ちる!

落とさないように膝を曲げたまま桃で持ち上げ続けて

踊り通す!

2016年11月25日

社交ダンス教室 頂上を極める!

社交ダンスの上達は山登りに似ています。
頂上を目指すには幾つかのルートが有りますが
シッカリ計画を教室で練ってから
挑戦しなければ遭難します。

踊りに例えるなら
悪い癖を懸命に付けて取り返しが付かなくなって・・・
計画通りに進んでいる時は合点がいき一つの事が全ての
ダンスに当てはまるようになってきます。

ワルツを練習してるのにタンゴやルンバも

上手くなっている!
それには

遭難しないように注意深く自分自身をチェックし続ける事!
まずは正しい立ち方です。

2016年11月22日

社交ダンス教室 上手くなろう!

社交ダンス教室 上手くなるために その8

ほとんどの人が支え足で送り出した体重を前に広げた

足の踵で受け取らずにフラットの足に乗せている.。

股間節を曲げて体重の無い足を前に出すのではなく

体重を支えている足で体を前に運び

同時に体重の無い脚をヒップから振り出して

その足の踵で体重を受け取る。

   

2016年11月20日

社交ダンス教室 上手くなろう!T&B

社交ダンスが上手くなるため その7

ほとんどの人が拇指球から踵までの間で

体重を支えて立っている。

ダンスの立ち方は足のボールで体重を支えて立つ。

拇指球を含めて爪先まで全部が「ボール」

このボールをトーだと思っている誤解がとても多い。

トーは足の甲とスネが真っすぐになるように思いっきり

踵を高く上げた時に体を支えている部分のこと。

BはTも含む!

2016年11月19日

社交ダンス教室 上手くなろう!

上手くなるために その6

理想の踊りは?

手のひらの羽毛一羽に


フゥ~と息を吹きかけると


フワッと軽く舞い上がります

そんな踊りです!

第1歩のステップのあと

スウーッと振れて浮かぶ踊りですね!

社交ダンスの極意。

2016年11月18日

社交ダンス教室 上手くなろう!

上手くなるために その5

骨盤と足の接点「股関節」が命でとても重要です!


あらゆる方向に無抵抗に動くように

普段から柔らかくしておいてください。


もうじきクリパですね!社交ダンスの極意。

2016年11月17日

社交ダンス教室 上手くなろう!

上手くなるために その4

求めるものは?骨盤の移動です。その骨盤に背骨&頭蓋骨が真っ直ぐ乗って足によって運ばれ行く。とてもシンプルなのです!


では・・・骨盤はどのようにして運ぶのでしょう?それには足を漕ぐように使う事!
押したり蹴ったりする直接的な運動をしない間接的な運動!

「漕ぐ」という支点・力点・作用点が違う場所に有る動きです。


2016年11月16日

社交ダンス教室 上手くなろう!

ダンスが上手くなるために その3
前進する時は出した足に体重を乗せますよね?
後退する時はさげた足に体重を乗せますよね?
でも、上手くなるためには・・・・その乗せ方に気を配って欲しいです!
どの様に?動いている足が止まって体重が掛かり始めるまでは
体重を支えている足にカラダがジョイントしていてください。
大多数の人が出した足、さげた足にカラダがジョイントしています。
それは体重のコントロールが無く前又は後ろに倒れていく事と同じなるからです。
そしてもっと問題は・・・そのこと事態にに気付かないでいること!
何故なら人間の歩行は倒れる事が基礎で歩いているからです。

2016年11月15日

社交ダンス 上手くなろう!

社交ダンスが上手くなるために その2


体重の有る足を使おう!


行きたい場所に足を出すのではなく

体重の有る足を使ってカラダを動かす

大切なのは体重の有る足を使うこと

直接カラダは動かさないし

カラダ自体は足が無いと動けない!

2016年11月14日

社交ダンス 上手くなろう!

ダンスが上手くなるために その1


足のインサイドエッジを意識して


足は平行に出して


平行に動かす


電車のレールと車輪のように!

2016年11月13日

社交ダンス レッスン

今日の入門クラスは





種目は2週目なので本来はジルバ日でしたが

在校生に1回目のマンボを覚えてもらいました。

簡単な社交ダンスですが汗をシッカリかいていました。

2016年11月12日

社交ダンス バランス

人間は電車に乗っていて電車が動き出す時進行方向に体重を移動させ倒れないようにバランスをとっています。



エスカレータに乗る時もエスカレーターの速度に合わせて体を前に出してバランスをとっています。

1度試しに止まっているエスカレータに動いているエスカレーターのつもりで乗ってみてください。
前につんのめりますから・・・

社交ダンスも動く骨盤に上半身が遅れないように胸を出しましょう!1歩毎に!

2016年11月11日

社交ダンス教室 組み方

初めてスタンダードの競技用カップルレッスンを受ける生徒を教室で指導した。


最初の注意点は2点で

大きく伸び伸び踊ることと、綺麗な形、一人でも、カップルとしても。

(この辺は社交ダンスとは異なる)

その為の注意点は

下半身の訓練と姿勢の矯正に尽きます!

当教室ではその人に合った指導をしています。

2016年11月10日

社交ダンス でんでん太鼓

スタンダードのホールドはしっかりしていて型崩れしない事が求められますがカラダを固めてはダメです。

特に腕・肩は固めてはいけません!

飛行機の翼はしっかりしているようで付け根からポッキリ折れない様に揺れます。

腕はでんでん太鼓のように揺れて動くようになると良いな~!

2016年11月09日

社交ダンス教室 スタイルか?動きか?

上達してくると自分が楽しむ社交ダンスから,見せる事が楽しい社交ダンスになってきます。

その時にブチ当たる壁が、スタイルが優先か?動きが優先か?になります。

得てして二律背反してスタイルの良いダンスは動きが悪く、動きの良い社交ダンスはスタイルが悪い事が多い。でも本当にお稽古していくとスタイルが良くて動きも良いになってくるですよ!

その秘密は胸椎にあります5~7で動きの中での必然スタイルが分かるようになること!

2016年11月08日

社交ダンス 意外と知らないルンバの基本

ダンスには約束事があってルンバも例外ではありません。

どういう風に踊っても間違いでは無いし、自由ですが上達するとか綺麗に見えるには社交ダンスのルンバの約束事は守りましょう!


(1) 床に置かれる足はボール~フラット

(2) 膝を伸ばしてから(1)をして体重を移動する

(3) 動いている脚は膝が曲がっている

(4) 動きの止まっている脚は膝が伸びている


教室では以上4点ですが、これだけでも完璧に出来るようになれば教室では文句なし!「やってるつもり」の人が多いです!当社交ダンス教室出し惜しみしません。

2016年11月07日

社交ダンス クリパ練習

初級ルンバ練習をしました。


2016年11月06日

社交ダンス 取っ掛かり!

教室で生徒を教えていて

ヒップがカウント2の足のうえで上がって来ないひとが多い
そういう人は股関節が癒着して・・・煮凝っている!
まずは、太ももと股関節を引き剝さないと良いダンスには程遠い!
社交ダンス用の股割、シコ踏むことです!
シコを踏んだあとそのままの形で膝を固定して、股関節を膝から遠ざける。
その時股関節を緩める感じを体感して欲しい!
踊っている間じゅう、股関節を緩める。

2016年11月05日

社交ダンス 反省のポーズ!

管理人は教室で生徒を教えるときに必ず反省のポーズをさせます。

教室のソファーに壁向きで正座させるのです!

そこで終ったら唯のイジメ!

正座状態から立膝をさせます。

膝頭の上に太ももの上部が来るように・・・。


カウント1を踏んだ後はつま先の上まで膝頭が進み、更にその上に太ももの上部が来る!

それだけでライズが始まっていて、そこから足首を使った更なるライズが始まりです。

社交ダンスは体を効率的に使います。特にこの教室では。

2016年11月04日

社交ダンス 膝の高さ!

ウォークの足とそれに続く足の動いていく足の膝は支えている足の膝より 必ず高くなります。
それはスイングダンスならスイングからのライズに!
タンゴならスムーズな動きに!変換されます。
もちろんヒップもそれに付随して上がりますがこれが出来そうで難しいんだな!!
別段目新しい事ではなく昔からあるテクニック「ピックアップ ニー」 のことだ!
社交ダンス用のヒップの上下運動が意図的に出来るようになれば、自由なカラダを手に入れる一歩手前まで来ています。他の教室では出し惜しみしてそこまでは言ってくれません!

2016年11月03日

タンゴの基本は

昔ダンスの先輩たちにワルツが踊れればタンゴは練習しなくても
踊れるようになる!と言われました・・・。でもタンゴはちっとも踊れませんでした。
タンゴは特殊なものとして別メニューで練習していましたが全然タンゴが踊れるようになりません!
先輩の言っていた事は間違っていたのです!ワルツには無いものがタンゴなのです。
最近社交ダンスの技術が昔とは違う!って言う人がいますが
昔も今も社交ダンスの技術は全然変わっていません。それは解釈する人の力量と思いこみが悪かったのです。当教室ではその様な良き経験、悪しき経験をレッスンに生かしていますので無駄がありません。

2016年11月02日

社交ダンス 骨盤の傾き!

家を建てるとき土台が大切ですね

人間でいえば・・・腰(骨盤)!

日本人と西洋人では骨盤の傾きが違うのです

骨盤が立っている日本人は膝を前に出すと体が後ろに倒れる

前傾している西洋人は膝を前に出すと体が前に進む


同じ社交ダンス理論で踊っていいのかな~

2016年11月01日