社交ダンス BOX練習2

動く足は股関節から下の振り子出来るようになりました?

今回はその時の反対足(体重を支えている)の練習です。

体重のある足の膝を足の寸法で前後させます。

踵からつま先へ膝を動かしても、重心は踵に固定。

膝が前に進んで踵に居る事が辛くなってきたら

振り子足を出して、

骨盤をこれからステップする方向へ進めます。

その時に力の入れ具合がキモで

骨盤から足先へ向かって力を伝えていく。

そうする事で次の足に体重が乗るのを遅らせます。

やがて進んだ足に体重が掛かりますが

体重の今まで乗っていた脚は後ろに長く伸びているのが理想。



« 社交ダンス BOX練習1| ホームページTOPへ |社交ダンス BOX練習3 »