社交ダンス教室 タンゴも同じ

タンゴは

上下運動しないし、スイングしない踊りです。

よい社交ダンスは体重と重力だけを使います。

ダンス筋力は常識!

ワルツにしてもスローにしても

1歩目はウォークなのでタンゴも同じ事をします。

生徒には

ワルツのBOXをよく練習させますが

3~1にかけての脚の使い方と体の押し出しかたは

タンゴでも1歩1歩使います。


つまり


正しいワルツは1歩目はスイングしないタンゴと同じ!

1歩目からスイングしてしまう人は正しいタンゴも踊れない!


元気よく踊る・・・

大きく踊る・・・


それ自体は良い事ですが、良い社交ダンスにはもう一味必要です!



« 社交ダンス教室 練習時間| ホームページTOPへ |社交ダンス教室 質疑応答 »