銀座ダンスカップ Paso Doble短評

2017.5.11.jpg

今日はパソドブレの短評です。


優勝 26番 「闘牛を良く表現した緊迫感」
この組の女子はパソドブレ六連覇で、
その表現力・安定感・リズム感は一級品。
ここ2、3年で踊るコツを掴んだようです。 
男子も緊張感を保って踊っていました。


準優勝 24番 「コロシアムを降り注ぐ太陽のパソ」
真面目になりがちなパソドブレを明るく踊っていました。
男子が静止した時に彫刻のようになれると
26番と勝負になりました。


女子は26番女子と同様に素晴らしく教室の至宝です。


3位 23番 「きっちりした踊りは後輩の手本」
非常に真面目なパソを緊張感を持って踊っていました。
少しづつですが表現も出来ています。

**********************

予選では40番が3位でした。
競技では予選決勝とコンスタントに踊れる
スタミナと集中力が要求されます。


あとは良くリハーサルして無駄な力が抜けると
スタミナのロスもなくなります。

**********************

社交ダンスでは踊られる事のないパソですが、
簡単なステップなら成り立ちます。
ドラマチックとは程遠いですか・・・。


« 銀座ダンスカップ Samba| ホームページTOPへ |銀座ダンスカップ Jive »