社交ダンス教室 硬い踊り柔らかい踊り

審査をしていて良く見えるのは
柔らかくスムーズに動いているように見えるカップルです。


大切なことは「見える」という事。
自分が柔らかく感じるとかスムーズに感じるのではなく


他人様が「柔らかい」とか「スムーズ」と見てくれる事。


歩いていて何かに衝突した事ありますか?
けっこうな衝撃が有りますよね!
踵はそのくらいの衝撃をいつも受けているのです。


柔らかい踊りをしようとして
もしもソフトに踵を着いてしまうと・・・
カラダがその衝撃を緩和しようとして力を抜いて
クタ~としてしまうのです。


審査をしていてそういう選手は目に入ってきません!
風景になってしまいます。

踵を床に「コツン」と着いて
カラダの力が抜けないように注意してください!


タイヤにしっかり空気の入った自転車は軽快ですよね!
空気が半分になっていたら・・・・社交ダンスも同じです!


« 社交ダンス教室 銀座杯 SlowFox| ホームページTOPへ |社交ダンス教室 push&pull »