人から入へ

膝を前に出す!

すねの骨(脛骨)が前に倒れる!

この時に股関節を曲げないこと!

我慢できないところまで行き前進する方の足を出す。

すぐに足を出さない事がミソ!

そうすると自然に足は振り込まれまれ

「人」という方で足が前後に開かれます。


ここで後ろの足(体重の有る)の役目は終わりです。


人の時にヒールが床に着地

その後には12345で引きの動作と上昇が続きます

1=つま先が床に着く

2=膝がつま先まで進む

3=腿が膝の上まで進む

4=踵が床から上がる

5=次の足が横を通過

そしてワルツなら2歩目が開き横に置かれたとき

「入」りの形になります。


感じとしては膝から下が転がる感じです。


人から入りです!!


« 社交ダンスを個人指導で| ホームページTOPへ |クイックステップ »