社交ダンスで良い姿勢を作って保ち続ける!

良い姿勢で踊りましょう!

良い姿勢とは?


頭・肩・肋骨・骨盤が床に垂直になっていること。

それを保ち続けるためには筋肉を伸ばす。


1.首の後ろ側を伸ばし

2.お腹の前面を股関節方面下方に伸ばし

3.お尻のほっぺたを寄せるように少し力を入れる。


その時のカラダの緊張感や力の入り具合が

一時も変わらないように動く事が

前に相手のいる社交ダンスではとても大切と

当教室では教えます。


« 社交ダンス教室 ロアーする?しない?| ホームページTOPへ |社交ダンス教室 ステップ&スイング »