社交ダンス教室 つま先立ち

踊る時のフットワークで

トォー&ヒールがあります。

もちろんフラットもあります。

ワルツを例にするとカウント3から1に掛けて

つま先立ちから踵を床に付けてロアーをし始めます


生徒の動きを観察していると

つま先立ちをする時にカラダの重心を前方に行って

踵を床につける時重心を後方に持っていく行くのが見えます。

つまり上下運動なのに前後運動もしている・・・

そうすると・・・

男性と女性が寄ったり離れたりしますね!

踊るのにはマズイです!


正しいのは

踵が床に着いていてもつま先立ちでも

体重とカラダの場所は一定が良いのです。

上手く出来るようになると

踵と床の間に空気がバネあるような感じになります。


« 社交ダンス教室 ハンギング| ホームページTOPへ |社交ダンス クイック4 »