社交ダンス教室 骨盤が乗ってしまう

社交ダンスを踊る時に


骨盤が


大腿骨に載って(丸で囲った部分 股間節)

2018.2.17.1.jpg

休んだ形なってしまう人がいます。


体操競技の男子あん馬種目に例えると

2018.2.17.2.png

図のように腕で体を持ち上げられずに

あん馬の上に乗ってしまう事になります。


これでは演技以前の問題です。



社交ダンスの場合


丸で囲った処であん馬同様の事が起きていますが


とりあえず踊る事(演技?)は出来るので気付いていないだけです。


骨盤を大腿骨がら剥がし


骨盤を2~3センチ持ち上げると良いダンスになる


可能性が出てきます!


2018年02月17日

社交ダンス教室 Tango&Rumba

今日の初級クラスタンゴとルンバの2回目です。


恒例のBOXを2回練習してから、BOXの踊り方を説明しました。


基本はワルツと同じで


上下の振幅の下限は両脚を前後に開いた高さです。カウントで言うと「1」での高さです。


それ以上は降りません。それ以上だと座り込んでしまう形になるので踊りが醜くなります。


大きく踊りたくて歩幅を出すために降りたくなりますがダメです。


タンゴのステップはナチュラルツイストターン。

たった6歩ですが社交ダンスポジションの全て

並行・ひし形・PP+ひし形への準備が含まれています。


ルンバはハンドツーハンドとナチュラルトップでしたが

基本の動作(膝を伸ばす・つま先着地等)の方が大切ですから!


2018年02月08日