2018.4.3 Tangoステップ

今日の上級タンゴ


まずはBOXワルツから。


大切な事は種目が異なってもやる事は同じで
一歩の終わり(足が通過する時)には膝の固定と立膝をする。


特にタンゴは膝が緩んで(曲げる事とは違う)いるので立膝をしないとお尻が落ちて見えてカッコ悪い。


そしてタンゴ!


初級のステップを上級らしく(3年以上の経験者らしく)踊るコツを伝授しました。
もちろん前進は膝の固定と立膝!


男子はウォークが曲線を描く道理とプロムナードターンとツイストターンの2歩目の出し方の違いを説明しました。


女子はプロムナードの3歩目の時に2歩目を通り過ぎてしまうので、2歩目の軸回転でカラダ半分残し3歩目を置く事を教えました。このコツはバックコルテ・オープンリバースターンにも使います。


肝心の上級ステップはストップロックでプロムナードターンからのカウントは


プロムナードターン SQQ
スピン QQ
ストップロック Q&QQ Q(休み) Q
ウィンナーワルツのリバースターン QQ&


です。


« 2018.4.2 生活習慣から社交ダンスを考える| ホームページTOPへ |2018.4.4 Tangoフットワーク »