2018.7.7 部活レポート

高木先生

お疲れ様です。
2軍のIです。
こちらのメールから失礼致します。

下記の通りレポートを作成しました。
宜しくお願い致します。

↓↓↓

クラブ後半はスタンダードの練習を行いました。

先ずは基礎練習。
高木校長より1ステップごとに解説(注意事項)とステップに応じた練習をしました。

■ワルツBOX
①前進
・太もも、骨盤を前に押し出しステップする。
・背中から足まで一直線に伸びた状態になっている事が望ましい。
そしてボール全体が見えている様にする事。
・踏み込んだ際、頭の位置を上下一定に保つ様に意識すること。
(人それぞれだが、腹筋なども意識し頭の位置を落とさない様にする)

②横
・ライズは膝を上下に動かすのではなく、ヒールを上下する様にして行う事。

③後退
・準備の際に、フラット、ボール、トーの順に足を付く様にし、トーをいきなり着地させない。

④反省のポーズ
・女性はソファーの上で、反省のポーズを行い、体の使い方を学びました。
男性は、反省が足りず、固い木の床でポーズを行いました。
(・・・実際はソファーのスペースが足りなかった為ですが)

基礎練習の後は、男女組んで、初級ステップを繰り返し行いました。

■ワルツ初級ステップの練習
高木校長が女性の動きで非常に重要だと仰っていた点。
ステップの際に、先に足を出し、体を乗せていくのではなく、
男性のリードを感じ、先に体を動かし(意識)、ステップする事で
踊りがなめらかに、そして大きく見える様になる。

高木校長はシンプルに分かりやすく、説明していただけるが
それを頭できちんと理解し、実際に体を動かす事が非常に難しい。
1つ1つ、体の使い方を意識し、繰り返し、繰り返し練習をしていきます。




« 2018.7.6 BOXワルツの踊り方⑥| ホームページTOPへ |2018.7.9 天皇陛下・皇后さまも ロイヤルダンス! »