歩くように踊る②

ロアーは膝でします。


膝を前に出すとすねの骨(脛骨)が前に倒れいきます。


この時に股関節を後ろに引かないようにします。
我慢できないところまで進み次に前進する方の足を出す。


すぐはに足を出さない事がミソ!


そうすると自然に足は振り込まれまれ

「人」という方で足が前後に開かれ体重は50%づつ支えています。


ここで後ろの足(体重の有る)の役目の50%は終わりです。


人の時に振り込まれた足のヒールが床に着地して

その後には123で引きの動作と残りの50%の押しの動作が続きます。

1=つま先が床に着く

2=膝がつま先まで進む

3=腿が膝の上まで進む



ホームページTOPへ