3軍女子の部活レポート

部活レポート

基本のカウントと動作をおさらいしました。
実際のダンスに反映して踊れるよう、前半はルンバウォークと初級のステップ(ルンバ)、後半はボックス(ワルツ)を繰り返し練習しました。


【前半・ルンバ】

◆基本のカウントと動作

2&a3&a4&a1&a2&a…
数字でステップ、
&で重心乗せ、
aでクカラチャ

クカラチャは、前進後退横移動問わず、すべて前から後ろに動かす。片方の足からもう片方の足へ移動させるときは、後ろから前へ斜めに移動。(8の字に動くような形)


◆姿勢(上半身)
首後ろ伸ばし、肩は下げる。
鳩尾から下が足として、肩甲骨と足(鳩尾下)で上下から胴を締めるようなイメージ


◆初級のルーティーンで気をつけること

①ナチュラルトップ
ナチュラルトップで組んだときは、クローズドポジション。アウトサイドポジションで踊っている人がとても多い。
女性は右足を出すとき、男性の足の間に出せるようにする。

②ツイスト
オープンヒップツイスト、クローズヒップツイストのツイストを1のカウントで出ない
(特にクローズヒップツイストで注意)

ツイスト(方向転換)は2の前のクカラチャのときに行うので、…と4と1「と」2と…の「と」で行う。
(正確には1&aのaで行うが、難しいので、まずは1ではなく&a(「と」)で出られるように意識してみる。)


【後半・ワルツ】

◆姿勢の基本(女子)
胸を張り、肩は下げて、首の右側を伸ばす。
右肩と首の間に大きな岩を乗っけて、支えたまま動くイメージ

◆動作の基本
重心が乗っている方の足(サポーティングレグ)を使って踊ること。
サポーティングレグを軸に、骨盤・膝・足首を使って重心を移動しながら、ムービングレッグを押し出す。
(ムービングレッグで体を引っ張らない。)

①後ろに下がるとき
サポーティングレグの太ももの前面を使う。

椅子を使ったトレーニング:
椅子の背もたれに向かって膝を立てて、上体をまっすぐ立てて前後に倒さないように&膝が前に出ないようにしながら、お尻を少し下にさげる。(この時の姿勢が、後退のときの姿勢。)


②横移動するとき
サポーティングレッグで押す(重心を移動させる)動作で移動するためには、ムービングレグは肩幅くらいまでしか出せない。肩幅より外に出したい場合は、足がつくより先に重心を乗せながらの移動になる。


【まとめ】
基本の動作や姿勢が綺麗に正しくなることで、ダンスをする際、より音楽と調和して踊れるようになる気がしました。実戦で取り入れられるよう、日頃から意識して体に覚えさせていきたいです。


レポートおわり-----


ホームページTOPへ