踊りの原点

今日は銀座ソシアルダンシングアカデミーが指導する根本になっている社交ダンスの基本を説明します。


超簡単で


「点から点」


です。


社交ダンスの滑らかな動きを想像すると、足の上を(靴のサイズ分)体重が滑らかに移動するように足の裏を万遍無く使うと思っている人がいると思いますが、それは間違いです。


足を使う?体重を運ぶ?カラダを運ぶ?全部危ない感覚です。


危ない動きは移動の無いカラダの上下運動でも起こっています。


試しに
その場で両脚立ちで踵を床から上げてみましょう!


足の甲を斜め上方に使って踵を上げた人・・・危ないです。
体重?カラダが前に進んでいます。


正しいのは、「土ふまずを垂直に引き上げ踵を上げる」です。
前には行かない。


この動作で前進も後退も横への動きに対応すると、「点から点」になります。


この動作が原点になります。


スケート靴は体重の場所に関係なく一定の所に体重が乗るといいます。
ヤジロベイそんな感じですかね!


                   追記

女子はハイヒール(7cm)を履いて、すでに土ふまずが斜めに上がっている状態なので、物凄く気を付けて垂直にライズ(つま先立ち)をすること。普通に上がると100%斜めにライズします。


ホームページTOPへ