メイン

社交ダンスクラブに半年間参加して・・・

土曜日クラスのMFです。
感想を送ります。


◆クラブ感想◆
半年間ありがとうございました。
基礎にしっかり取り組めて充実した時間になりました。
<スタンダード>
ホールドの形、相手との位置関係などステップ以前の課題が山積みでした。
タンゴのPPやコントラチェックなど新発見がたくさんで前より意識を持ってできるようになってきたような気がします。
ホールドはまだまだですが、最初よりは「なりたい形」が想像できるようになつたように思います。
<ラテン>
足の出し方や形などルンバウォークは特にたくさん練習しましたが今回後ろ足が大分使えるようになった気がします。
最終回でやった男女の力関係は、後ろまできちんとクカラチャすると上手くいったので改めてちゃんとクカラチャしなければと思いました。


クラブ活動は去年も参加しました。
ずっとできていないことや新たな事実を発見することができたので引き続きしっかり練習したいと思います。


東京はこうも暑かったか・・・校長

■社交ダンスクラブに半年間参加して・・・

先生による社交ダンス金曜日部活レポートラテン

部活最終日も、基礎を復習しました。


・前へのウォーク
ひと言でいうと『膝を伸ばせ』。

膝が曲がるはずじゃないところで曲がって見える人がいます。

脚が動くときしか膝は曲がりません。

前進ステップする脚の膝を伸ばして着地したら、
その脚が次の「寄る脚」になるまでずっと膝を伸ばし続けています。

今一度、この記事をしっかり読みましょう!
https://www.ginzadance.com/2021/05/post_185.html 

 

・つないでいる手について
ペアで踊ったときに
女性の右手がひねられたりよじれたりしているように見えたので
男子左手と性右手の組み方をみんなで勉強しました。

男子は左手で〇〇〇〇を作って相手に向けるような角度で、
最後は親指を女性の手の甲に添えて組みます。相手の手を横からも上からも包むような感じです。
女性は手のひらが下に向くようにして組みましょう。

直したあとは、ペアで踊る一体感が少し出てきました。
ラテンではコネクションがその一点しか無いのが多いので、
こだわって組みたいですね


・ニューヨーク
内股になってしまうことが前回からの課題でしたが、
チェックに行く前のターンを強く意識してやることで大分改善されてきました。

その他、
アームは鎖骨から伸ばす!
つないでいる手は二人の間に!
も忘れずに。

銀座は雨でした

■先生による社交ダンス金曜日部活レポートラテン

先生による金曜日社交ダンス部活レポートスタンダード

今回は「二人で組んだ時の手を直してほしい」と
リクエストがありましたので
基礎練のあとに
手の事も含めた基本的な組み方をみんなで確認しブルースでしました。
基本の立ち方・組み方を守って踊るのにブルースはとても良いと思います。


・おへそを相手に向けて組む
床にまっすぐ立ち、お互い左にずれたら、おへそを相手に向けて組みましょう。
基本的に踊っている最中はずっと向けています。
難しいステップになればなるほど、二人で破綻せずに踊るためにとても大事なことです。


・男子の左手と女子の右手
相手が痛いと感じるくらいギュッと強く握ったり、
逆に手・指を離してコンタクトが無くなったりしないように!
男女で手をつないで『教室で銀ブラデート』をしてもらいましたが、
そういった(ラブラブなデートをしているときのような心地良い)力加減でコネクションできると良いです


・男子の右手
指と指の間が開いている人がいます。
プロの先生でもたまに見かけますが本当に格好悪いです。
右手で水をすくってもこぼれないような形で組みましょう。

また、
男子のホールド右側に関して

①男子の右手首と女子の左脇(左腕の付け根)のあたり
②男子の右手と女子の左肩甲骨下あたり

の2箇所コンタクトがあるというのも覚えておいてください。

①が無い人が多いです。

②については、男子右手で〇〇〇〇に触れていると思って!(←企業秘密、部活に参加した人だけわかります)
女子が身動きとれなくなるのでギュッとつかまえてもダメ、
かといって離してもダメです。

■先生による金曜日社交ダンス部活レポートスタンダード

先生による金曜日社交ダンス部活レポート

◎ラテン
・基礎練習クカラチャ
ヒップが「前から後」に動くはずなのですが
皆「前から横」に動いてしまっています。
「前から後」でやっている気持ちだと思いますが、「後」が全然足りません。ものすごく平べったい「∞」の字の軌道を描いている状態です。
図解したように
「∞」の字ではなく「▷◁」リボン型の軌道を描く意識で
一歩一歩ヒップが踵の上にくるまでしっかり体重をかけるようにしましょう。

・ニューヨーク
鎖骨から腕を伸ばすということを意識したら、身体がストレッチされて見栄えがするポーズとなりました(足元さえ見なければ…)。
足元は相変わらず内またの人が多い!回転が出来ていないこともその原因の一つですので、
基礎練習のターンを繰り返しやってください。


◎スタンダード
・各ステップの進む方向がはっきりしていないように見えました。
方向というのをあまり重要視していないのではないでしょうか?良い踊りをする上で進む方向はとても大事な要素です。
ワルツのウィーブも
タンゴのファラウェイリバース(みんながテンステップと呼んでいるところの前半)も
中央斜めに行くべきところをLODの方に進んでしまっているので
余計に男女の入れ替わりが難しくなっています。
カウントやフットワークはもちろんですが、進む方向も正しく覚えるようにしてください。
(社交ダンスは45度刻みのどこかに進むようになっています。)
方向が合っているか、常にチェックしながら踊りましょう。

・男子スピンターン
未だに2歩目右足のフットワークがトゥで踊っている人がいます。
今直さないと永遠に直りませんよ!

・タンゴの女子PP
ボール挟み訓練の成果もあってか、前回のガニ股問題は改善されてきました。が、今度は頭の位置が気になります。
顔が右向いたときに、頭が突っ込まないように!

■先生による金曜日社交ダンス部活レポート

先生による金曜日社交ダンス部活レポートラテン

グループ中級ルンバとチャチャチャを踊り込み

男性陣に、
ステップを一歩やる毎に『ここにいます!』、『ここにいる!』と言いながらシャドーをやってもらいました。
冗談半分のように思ったかもしれませんが、大真面目です。とても大事なことです。
皆、歩幅が大きすぎたり移動をしようとしすぎているため
床にまっすぐじゃない、強く立てていない状態で踊っています。
その場からいなくなってしまうような踊り方だと見ていて存在感もありません。
移動量を大きくしようとするのではなく、そこにいる、そこに強く立つということを目標にして踊りましょう。
基礎練習の前進ウォークをやる時から、出る脚の膝が後ろに使われて、膝下が振れた位置にステップしてください。それ以上出ようとすると大きく出すぎです。


女子のホッキースティックについて
ほとんどの社交ダンスの基本ステップは大まかに言って、
・前進後退ウォーク
・ターン
・踏みかえ
の組み合わせで構成されています。
ホッキースティックもその組み合わせで踊らないとゴロゴロ回って見えてしまいます。
指摘した後はちゃんと、踏みかえとウォークとターンに見えたので
その踊り方を忘れないようにしてください。

中級の人や上級に上がった人も、今一度初級の足型を見直してみると良いです(足型ではなく踊り方を)。
しっくりこないところや疑問点はどんどん先生に聞いてください。きっと新たな発見がありますよ。

■先生による金曜日社交ダンス部活レポートラテン

先生による金曜日社交ダンス部活レポートスタンダード

今回はグループ中級ワルツとタンゴを踊り込み

・ワルツのスローアウェイオーバースウェイ
男女共、後ろ足に体重が乗ってしまい
コントラチェックとごちゃ混ぜのような妙な事になっていました。
女子の左足の方向も横になってたり交差するほど回ってしまったり…
ひととおり直しましたが
一体何故そんなことになるのか
本当は原因を探らねばなりません。
次回、みんなで考えてみましょう。

お手本となる写真を載せておきます。
女子の後ろ足はLOD方向(教室でいつもの場所からやるときは窓の方向)へ
足首が綺麗に伸びるように!
201212_3013.JPG


・タンゴのPP(プロムナードポジション)
前足の膝が外を向いてがに股になっている人が多かったです。
膝が開いてしまう人は腿でボールを挟む感覚で練習して体に染み込ませましょう。(教室にピンクとブルーのボールが用意してあります)
ひとまず形は直しましたが
がに股になってしまう原因は様々なのでこれも原因究明の必要ありです。
それともう一つ、
今年のクラブ開始当初から傘を使っての練習でお互いが“左にいる”組み方を学んできましたが、その練習の意味をよ~く考えてPPの時も活かしてほしいです。
正しい位置で組まないと絶対にうまく踊れません。


今回良かった点は全体的に女子の姿勢・ホールドが良くなったこと!
以前は身体が左に折れて、右手がとんでもなく高いところにありましたが改善されてきました。
男子はまだまだです。すでに社交ダンスのヒントはたくさん与えてあるので、首が伸びて肩が降りて肘が上がるよう研究を続けてください。

■先生による金曜日社交ダンス部活レポートスタンダード

女子部員の社交ダンス部活

教室のクラブの社交ダンス hs女子版

【要点】

・踏み出した際に一歩一歩を刻むのではなく、伸びやかに大きく進む。
しかし態勢が低くなったり、上半身のふらつきや前後の動きには注意をする。

・PPに組んだときは男女の境界線を意識して超えないよう、タンゴでもワルツで傘の練習をした時の距離感を思い出す。

例:お教室にあるCDジャケット

・コントラチェックに入る前は男女お互いに体を細く内側にひねる。
その後、女性は男性を引っ張らずに高い位置で態勢をキープして、両足で「人」をつくる。
男性は女性を支配するような勢いで堂々とかっこよく。


【感想】

伸びやかに一歩一歩を踏み出すことを意識したところ、フロアをいっぱい使って踊ることができて気持ちよかったです。
しかし、組むと思うようには行かないので練習あるのみですね。。。

また、先生が大会など大人数で踊っていても、進む方向を示せる上手な方は自然と周りで踊ってる人が避けてくれるとおっしゃっていました。

ふと考えると日常生活でも確かにそうで、しっかりと行き先を見つめて堂々と真っ直ぐ歩くと人混みでも周りの人は避けてくれます。

少し余談でしたが、今回も楽しかったです!

■女子部員の社交ダンス部活

部活2軍後編

Kmの社交ダンス部活後半です


【4. ステップの練習】
最初はシャドーで中級ステップを行い、
それを見た先生から、男女に分けて平均的に出来てない部分や
注意すべき点を指摘してくという流れでした。


女性はカウントの4&の際に先程のボールを踏み込んでく事。
男性はオープンヒップツイストの際に両足とも爪先で立つ事。


この2点を意識して実際に組み込みながら
中級ステップをおさらいしてく流れでした。

【5. まとめ&感想】
部活はグループレッスンでの限られた時間内で、どうしても
拾いきれない部分や間違えて覚えて変な癖が
身に付いてしまってるのを正してける数少ない機会だと思います。


私はコツを掴むのが苦手なのか要領が悪いのかなんだかわからないですが、
周りと比べて覚えたり、成長速度とかが遅いのかなーといつも気になってるので
今回のように課題別に構成を分けて、ひとつひとつを丁寧に
指摘いただけるという流れは本当にありがたかったです。

スケジュール確認したところ6月の部活の有無は5月の参加率で
様子見との事らしいので、消滅しないで欲しいなと願うばかりです。

■部活2軍後編

部活2軍前編

中級のkm君の社交ダンス部活レポです。
詳しいレポなので2回に分けて載せますので、皆さんもよく読み込んでください


以下、ラテンです。
5月7日の部活の流れをざっくりまとめました、


1. 立ち姿の姿勢を保つ
2. クカラチャのチャチャ版
3. シャッセとロックはお友達♪
4. ステップの練習
5. まとめ&感想


段落ごとの詳細は以下の通りです。
それぞれのメニューの練習内容と
ばくっとした感想を書いてます。


【1. 立ち姿の姿勢を保つ】
肋骨の出っ張りは爪先と同じ位置に合わせ、尾骶骨は踵に合わせる。
教室内の鏡を横目で見て、これをやるだけで
背筋や動きがだいぶ変化して見えました。
踊ってる間ずっと維持し続けるのに慣れるのが課題です。


【2. クカラチャのチャチャ版】
ルンバとは異なり曲のテンポが速いので、
しっかり重心をかけようとすると全く追いつけませんでした。
先生曰く「チャチャは先読み!」なんて標語があるらしく、
全部きっちりやろうとすると間に合いません。


入りの段階でクカラチャを始めつつ歩幅は細かくとアドバイスを受けました。
徐々にスピードを上げて慣らしてくのが上達への近道なのでしょうか。

腕の振りは無理に全部やらなくていいみたいです。
実はこの辺、ルンバでの腕の振りはチャチャだとどうなるのかが
正直モヤっとしてたので今回お話を聞けてスッキリしました。

【3. シャッセとロックはお友達♪】
前回に引き続きシャッセの練習です。
進行方向とは別の軸足のボール(爪先と土踏まずの足底の部分)を
踏み込みながらペアで移動してく練習です。


今回はそれにロックも交えながら進められました。
曰く、この2つは必ずと言っていい程セットで
出てくるケースが多い為、このような標語があるのだとかないのだか。


少し慣れてきたあたりで、クカラチャに手の振りを加えていけば
勢いもつくので徐々に良くなってくのでは?と思いました。


以下次号

■部活2軍前編

1軍ラテンレポート

3月26日のダンスクラブのレポートを提出いたします

よろしくお願い致します


ーーー
3月最後の一軍のラテンレッスンは、前半はルンバ、後半がサンバでしたが、ルンバの基礎練に多くの時間を割きました


今回のポイントは、ルンバウォークの前進・後退における重心移動で、鏡に図解していただきました(画像…載せられますか)

◆動く点Pを意識する


前進して体重移動したときを起点として、股下から足の付け根を取り囲む線(俗にいうパンティライン)を外旋するように動く点Pを意識しながらクカラチャをすると、点Pは体の中心部分である股下を通って、足の付根に沿って体の外側へ向かうのですが、この点Pに連動して自然にローテーショナルが行われるのが理想とのことです


後退の場合は、点Pが骨盤の周りを一周する前に反対の足が後ろに伸びて後退の準備を始めるため、前進のときとは違いヒップが大きく横に張り出すことはないものの、原理は同じです


言葉で書くのが難しい上に、記憶が薄れかけているので分かりにくくてゴメンナサイ

◆未だ全貌が見えないサンバの部活ルーティン


外中、外中と2回ずつチャチャチャ・ロック
ボタフォゴ×4回
男子は後ろへ一歩引き、女子は前進しターンして男子と向かい合ったらそのままプロムナードランへ


この先はまだ教わっていませんが、練習時間のサンバの比率が上がっていくにつれて解明されると思います(4月9日の段階では進展なしでしたが)


楽しみにしましょう!

■1軍ラテンレポート

1軍部活レポート

いつもお世話になっております
3/26(金)部活スタンダードのレポートです


-やったこと-
☆股関節のストレッチ
・ぐるぐる回す
・足を肩幅くらいに開いて膝を曲げ中腰の状態で、まず股関節と膝を外に引き延ばす
次に足と股関節を引き伸ばして股関節をよく入れ込む

☆前進、後退、横、回転(前後とクロス)の練習とBOX練習
・回転の動きをきちんと使った前進を意識する
 →一歩前進した足を軸にして、軸足は後、その逆は大きく振り出す。振り出して回転して体が開いた時星(スター)になる…形が、気持ちも?


☆部活のワルツルーティーン
予備歩
ナチュラルスピンターン(123,123)
リバースターン後半(123)
ライトシャッセ(12&3)
アウトサイドチェンジ(123)
ナチュラルスピンターン(123,123)
リバースターン後半,前半(123,123)
ベーシックウィーブ(123,123)
ナチュラルターン(123)
✴︎最初のナチュラルスピンターンの注意
男性→前半部分は女性の右腕を3等分した真ん中に自分の背骨が進むようにするとぶつからない
そこから基礎練習の回転を活かして星になる
女性→後半部分の一歩目の右足前進でしっかりとその足を軸にして左半身を大きく振り出して星になる


☆ホールドの確認
左右の腕をラジオ体操の最初の動きのように上にあげたところで止めて肩を下げた状態で女子ラインを作る
 ✴︎肘は高め、でも肩は上げない。
 ✴︎腕のラインが弓なりになるようにする


☆背中で回転する練習
男女で組んでお互いがいけるところまでその場で回転をしていく
 ✴︎背中で回転をするとどこまでも回転できる!
 ✴︎体の前で回転をすると相手はバランスが取れなくなるのでケンカが起きる…

☆ワルツのスイングがスイングしてない問題
ワルツスイングダンス
スイングは軌道がある
その軌道の行き先に対してもっと繊細な意識が必要。特に後退の時足と一緒に体が後ろにドスっと乗ってしまうことが問題
そうしてしまうとそこで止まって壁になってしまう
男女ともに後退が邪魔ということ

          ↓つまり
いつもの後退の基礎練習から、上半身が後退する足に引っ張られないように意識して練習することが必要

☆スローフォックストロットの前進と後退
✴︎前進→軸足をピンにして回転するけど回っちゃダメ
イメージは前後
足首も使うこと

✴︎後退→女性はフットワークTHがちゃんとできるようにする


-感想-
女子ラインがすぐに崩れるのでもっと意識したいと思った
特に今回の部活で肘がすぐ下がってくることに気づけたので普段のレッスンから気をつけたい
レポートで文字にするとダンスって難しいなぁと思った

■1軍部活レポート

部活2軍 ラテンレポート

お世話になります、表記の件、先日の部活のレポートをお送りします。よろしくお願いいたします。

■クカラチャ練習
・くるぶし、骨盤、胸が一直線になるように立つ前に体が傾いている
・常に体重を下にかけて、肩が上がらず、首が伸びているようにする
※ワンステップごとに修正して正しく立ち直すくらいの心構えを持ってやる
・体重が乗り切って、逆の足も伸び切ってから初めてクカラチャに入る
※意識してやると、筋トレしているくらいの負荷が下半身全体にかかる
・クカラチャをするときは臀部ではなく、太腿で骨盤を回すようにする


■ターン練習
・上記同様体重が片方の足に乗り切ってからターンの動作に入る
・体重が乗っているサイドでクカラチャしながら、逆足の太ももは伸ばし切って回る
・この時、体重は下にかかっているので、自然と股裂きしているレベルの負荷ががかる


■初級ステップ練習
 曲のスピードは遅くし、上記2点を意識しながら初級ステップの踊り込みを行った。特にターンについて今回は重点的に練習し、男性はハンド・トゥー・ハンド、スポットターン、女性は更にアレマーナのステップについて繰り返し踊り込んだ。
 特にスポットターンでは、ターンをした後すぐにクカラチャしながら90度の方向転換をする必要があり、動きが複雑なため姿勢が崩れがちになり、難易度が高く感じられた。


今回もご指導いただきましてありがとうございました。引き続きもっと上手くなれるように練習していきたいです。

■部活2軍 ラテンレポート

部活2軍 スタンダードレポート

お世話になっております。中級のHaです。

昨日はご指導ありがとうございました。

————————————————-
部活二軍 スタンダードレポート


部活二軍スタンダード「ワルツ」三週目のレポートです。
今回は以下の流れで練習を行いました。


①いつもの基礎練習
②2人ペアで後ろで回転するイメージをつかむ練習
③部活オリジナルルーティン


①いつもの基礎練習
日頃のグループレッスンでも行なっている前進、後退、横のステップ等の反復練習やボックスを行いました。

✳︎教わったポイント✳︎
1.1よりは2で大きく動くように
1で大きく出ようと動いてしまいがちですが、1よりも2で大きく動くことを意識!


2.3で両足の踵を極端に地面につけない
  3で両足の踵をトンと地面につくと動作がブツ切りに見えてしまう...


3の時に片足は次のステップへの予備動作を行う。ステップ毎に止まらずに次のステップへのつなぎを意識!


② 2人ペアで後ろで回転するイメージをつかむ練習
2人でペアになりスクエアに組んで足を固定したまま、2人交互に上半身&腰を左右に回転させる練習を行いました。


この練習で大切なことは、背中や腰といった「後ろ」を使った回転を意識すること。肩だけを使って前で回ってしまうとパートナーのバランスが崩れてしまいます...


正解の「後ろ」と不正解の前両方の回転をやってみることにより違いを理解し、正しい体の使い方を学びました。


③部活オリジナルルーティン
男性/女性それぞれのステップの復習、個人/ペアでの踊り込みを行いました。
途中からは部活お馴染みの傘が登場し、ペアで肩に乗せて落とさない、動かさない様に踊り込みです。


上半身の安定感やパートナーとの距離/位置感等を意識しながら踊ることが大切です。

✳︎教わったポイント✳︎
1.男性の構え
男性の頭の向きは左方向(10:30-11:00くらいの向き)をしっかりと見る。首の横にペットボトルが置いてあるイメージで。正面は基本的に見ない!
左手は顔と同じくらいくらいの高さて肘を曲げる。


2.女子ライン
女性は思っているより体全体を曲げてていないとのこと。あまり意識的に曲げ過ぎず、女子ラインの立ち姿を意識。
ここは図解で説明していただきました。


3.ステップの意識をしっかり
ステップの時、つま先が先か踵が先かをしっかり意識し、正しいステップを踏むこと。
基本は踵から踏み出すが、3で踵を上げた後の次の1はつま先から踏み出す。


今回も丁寧なご指導ありがとうございました!引き続きよろしくお願い致します。
————————————————-


以上、よろしくお願い致します。

■部活2軍 スタンダードレポート

部活2軍 スタンダードレポート

スタンダード「ワルツ」


【練習内容】
部活1週目と同様スタンダードはワルツの練習を行いました。
①動作の基礎練習
②部活オリジナルルーティーン習得&躍り込み


①動作の基礎
【ポイント】
1.前進・後退・横
実施内容は基本的に前回と同じですが、今回重要な点は
常に上へ上へと意識して、前進、後退をすることです。
これを意識しないと、足を開いたときに
どんどん体が沈んでいってしまいます。
ちょうど鉄棒の逆上がりをするときのように
一歩一歩動くときは常に上へ上へと意識して動く必要があります。


②部活オリジナルルーティーン習得
【ステップの順番】
予備歩(3)
ナチュラルスピンターン(123 123)
リバースターン(123)
シャッセトゥライト(12&3)
アウトサイドチェンジ(123)
ナチュラルスピンターン(123 123)
リバースターン(123 123)
ベーシックウィーブ(123 123)
ナチュラルターン(123)


【今回注意すべき重要なポイント】
今回のオリジナルルティーンでの重要なポイントは下記です。


1.「Watch him or her」
 先生が世界チャンピオンから2つ教わったことの一つです。
 スタンダードの組み方は、
 ラテンのように男女が見つめ合うことはなく、
 常に斜め方向を向いています。
 ではどのように相手を見続けるかというと、
 胸に目がついていると思って
 その目で常に相手を見続けること。
 こうすることで、非常にきれいな形で
 踊ることができます。
 

 筆者も実際にやってみましたが
 この胸の目で見続ける体勢というのは
 結構しんどく、また踊っているうちに
 崩れてきがちです。
 ここが組み方をキープする難しさであり、
 日頃から「Watch him or her」を
 意識しなくてはと感じました。

 
2.組んだときの位置関係
 前回と同等、肩に傘を載せて男女で組んで踊りました。
 ここで意識する点は、男女が半身ずれた位置関係で踊るということで、
 傘が落ちたり、動くことがないように相手との位置感を
 意識して踊りました、
 

以上です。
本日教えていただいたことを復習し、次回の部活に繋げます。
宜しくお願いいたします。

■部活2軍 スタンダードレポート

部活2軍 ラテンレポート

◾️ラテン(ルンバ)


・クカラチャ
体重移動し、送り出した後に肋と肩でさらに押し込むイメージを持って行う。
腰を自分で回すイメージではなく、かかとも含め足の裏全体の体重移動と押し込むイメージが出来れば、自然に美しいヒップラインになる。


・ベーシックルンバのステップ
↓簡略化したステップのイメージ
1:左足前進
&:右足に体重移動(後退)
2:左足を横に出す
&:左足に体重移動(横)
3:右足後退
&:左足に体重移動(前進)
4:右足を横に出す
&:右足に体重移動
※この流れの繰り返し
※逆足も行う
この時も、前後の運動もあるがクカラチャと肋で押し込む意識を持って行うこと。
床に対してテンションが常にかかっているイメージ。


・ウォーク(前進&後退)
足は、大きく分けるとトウ(T)ヒール(H)ボール(B)の部分がある。
ウォークの際はボール⇨ヒール⇨ボールの流れて体重がかかる。(BHB)
後退の際は、特に送り足を意識して、すぐ後ろ側の足に乗らないことを心がける。


・初級ルンバの踊り込み
エンドカウントを一歩一歩意識して、その都度体重移動を行いしっかりと踏み込む。
これを意識し、しっかりと行えれば、ニューヨークの際は一歩でた後に体重移動が起こり、踏み込めるのでシルエットが教室の入り口にあるデザインとなる。


初回の注意点に加えて、上記のことも出来るように、日々のレッスンで意識していきたいと思います。
本日も遅くの時間までご指導頂きありがとうございました。

■部活2軍 ラテンレポート