社交ダンスウォーク⑤

むかし、師匠に弟子入りした時、初めて教わったウォークの事を記しておきます


まず摺り足フラットで足を出していき、30cmくらいの所に踵で着きます 出した足のつま先を床に降ろしていきますが、降りるまでの間に後ろ足を摺り足で引き寄せます
実際にやっていた感じでは踵を「と掛かり」にして、後ろ足を引っ張り寄せる感じです
何もせずに体重移動をすると、後ろ足が後ろに残ってしまうので踊りが重たく見えます
それを延々と練習、繰り返し練習、後退も同様に
一人で出来たらパートナーとそれを延々と練習、繰り返し練習


能の歩き方を膝を曲げずに行っているように・・・と師匠は言いました


このウォークはOne beat two steps.と先人は言い 
普通人はOne beat one step.になっています


実践的には、「出した足(ワルツなら1)の踵が上がる前にやるべき事は全て終わらせるようにする」ですね!


ホームページTOPへ