美味しい寿司のように

先日

『ステップした足に体重を乗せて…云々』

…と、ラテンを教えていたとき
ふと漫画のワンシーンを思い出しました


漫画「美味しんぼ」で
主人公の山岡が
寿司をCTスキャンで撮らせて
「寿司っていうのは、米粒と米粒の間に適度な空気を含んでいないと舌の上でほろりとくずれない、
ネタとシャリの味がうまくとけ合わないのさ。」
と力説する場面です
good%20sushi.png
↑美味い鮨


作中に登場した横柄な鮨屋の握ったシャリは
すき間なくぴったりと押し固まっている上
固まり具合にもムラがあるので
美味しくないという話でした
bad%20sushi.png
↑不味い鮨


以前テレビでも
同じような内容を見た覚えがあります
一流の職人が握る鮨は
寿司下駄に置かれると空気が抜けて
一瞬沈む(“お辞儀をする”)ほど
米と米の間に空間があって
口に入れるとふわっと旨味と香りが広がるそうです


あぁ、社交ダンスの立ち方も
このシャリと同じかな
と思いました


ラテン・スタンダード問わず
上手な人ほど
身体の外にも内にも空間があるように見えます

自分がダンスを始めてからこれまで先生に
「アバラ骨とアバラ骨の間を広げるように」
「背骨を一つ一つ離して」
「自分の細胞を一個一個離すように立て」
「床にウェイトをかけた分、反対の上向きの力が働くんだ」
…といろいろな言葉でアレコレ言われてきましたが

全て寿司で言うところの
米と米の間に空間がある状態です


「足に乗る」「体重を乗せる」と言われて
足の上に“ドカッと乗っかる”ニュアンスで立ってしまうと
身体の各パーツが
隙間無くベチャッと潰れて動けません
固まりになり美味しくないシャリ状態です


例えが変ですが
もし自分の身体がシャリだったとしたら
米一粒一粒の間に空気が入っているように立ちましょう
ルックスも動きも格段に良くなると思います



そして今日
校長先生にランチですし屋へ連れて行ってもらったら
臨時休業でした…(´;ω;`)



研究は続く…


ホームページTOPへ